祖父母へ還暦祝いのメッセージを書くときの文例

公開日:2014年5月1日

プレゼントを贈る際にはメッセージを一緒に贈ることが多いです。

家族へ手紙を贈るということはあまりないので、どのようなメッセージを贈るべきか悩む人もいると思います。同じ還暦祝いのメッセージでも、相手によって微妙に贈るべきメッセージは異なりますので、どんなメッセージを贈るか見ておくと参考になります。

本記事では祖父母へ還暦祝いのメッセージを書くときの文例を紹介します。

祖父母へ還暦祝いのメッセージを書くときの文例

おじいちゃん、おばあちゃんに贈るメッセージは、両親同様今までの感謝を込めて素直にメッセージを贈ることで喜ばれる素敵なメッセージになります。

固い言葉は逆に距離を感じて喜びも半減してしまうので、できるだけ普段と同じ言葉遣いでお祝いを伝えましょう。

文例1(感謝の気持ちを伝える)

おじいちゃん還暦おめでとうございます。

いつも遠くにいるからなかなか会えないけど、会えるときはいつも優しくしてくれるおじいちゃんが大好きです。

優しくしてくれてありがとう。

これからたくさん遊びにいくからいつまでも元気でいてね。

文例2(健康を願う)

おじいちゃん、還暦おめでとう。

いつも元気なおじいちゃんが大好きです。
いつまでも元気でいてほしいから、体には気をつけてね。

おじいちゃんが健康でいられるように祈るね。

贈るべきメッセージは「感謝」

祖父母に贈るメッセージであっても、両親に贈るメッセージと同じく、感謝の気持ちを伝えるという点では同じです。

両親に贈るべきメッセージの文例も参考になるかもしれませんので、気になる方は見てみてください。

還暦を迎える方の孫というのは、子供が生まれた年齢によって小学生くらいから成人している場合もあると思いますが、孫の年齢に合わせた素直なメッセージを送ると良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ