両親へ還暦祝いのメッセージを書くときの文例

公開日:2014年5月1日

還暦のプレゼントを贈る際に一緒に贈ることが多いメッセージ。

還暦のお祝いは家族ですることが多いですが、普段は家族に手紙を書くことはないので、どのようなメッセージを書けばよいか悩む方も多いと思います。

本記事では両親に還暦祝いのメッセージを書くときの文例を紹介します。

両親へ還暦祝いのメッセージを書くときの文例

ご両親へ還暦祝いのメッセージを贈る場合、今までの感謝の気持ちを素直に伝えるのが一番です。

変にかしこまる必要はないので、いつもの言葉で素直な想いを伝えましょう。

文例1(感謝の気持ちを伝える)

お父さん還暦おめでとう。

イメージしてた還暦とは違って、まだまだ元気いっぱいのお父さんだけど、これからは健康に気をつけてね。

これまで育ててくれて感謝の気持ちでいっぱいだよ。ありがとう。
これからも家族仲良く過ごそうね。

文例2(夫婦円満を願う)

お父さん、還暦おめでとう。

還暦は人生の区切りで第二の人生の幕開けという意味があるらしいよ。
時間もできるだろうから、今後は趣味のゴルフもいいけど、これからもお母さんと夫婦仲良く自慢の両親でいてね。

今日は本当におめでとう。

文例3(変わらぬ健康を願う)

お父さん、還暦おめでとう。

還暦と言ってもまだまだ元気なお父さんだから長寿祝いという感じではないね。
今後も家族で色々出かけたいから、これからも元気で若々しいお父さんでいてね。

文例4(明るく過ごしてほしい)

お父さん、還暦おめでとう。

私の結婚式の時にも言ったけど、お父さんの明るい笑顔が私の一番の思い出だよ。
これから時間もできるだろうから、これからは一層たくさん笑顔を見せてね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ