釣り好きには素直に還暦プレゼントに釣り用品を贈ると喜ばれる

公開日:2014年4月30日
最終更新日: 2014年6月30日

還暦のお祝いで贈るプレゼントは、還暦を迎える方の趣味に関連するものを贈ることは多いです。

還暦には、干支が一巡して赤ちゃんに戻り、第二の人生の幕が開けるという意味があります。

趣味に関連するものであれば「これからは趣味の○○をいっぱい楽しんでいつまでも元気でいてね」とか「これからも仕事に趣味に活動的で元気なお父さんでいてね」などのメッセージとともにプレゼントを贈ることができます。

男の方だと趣味が「釣り」という方は多いと思いますので、本記事では釣り用品をプレゼントとして贈る際のポイントや注意点を紹介したいと思います。

世界最大級の品揃え!ナチュラムフィッシング
アウトドア&スポーツ ナチュラム

還暦プレゼントに釣り用品を贈る際のポイント

釣り用品を大きく2つに分けると、釣り竿やルアー、リールなどの実際に釣りに使う用品と、釣り用具を入れるバッグや釣りの時に着ていくウェアなど釣りの時に必要となるものがあります。

釣りの結果に直結する実際に釣りに使うものはこだわりが強く、専門性も高いため、特に釣りに詳しくないという場合は、ウェアやバッグなどの釣りの時に着たり持っていくものをプレゼントすると良いと思います。

icon
icon

釣り用品店に行けば、これらのものは売っていますので、チェックしてみると良いと思います。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

また、釣りの時に着たり持っていくものでも、機能性は重要で、デザインだけで選ぶと使いづらいプレゼントになってしまいますので、贈る方がどのようなものを求めているかのリサーチは必要になります。

一緒に住んでいる家族であれば、普段どのような格好で釣りに出ているかを見ているはずですので、それをもとに必要な機能を推察するとよいでしょう。

一般的には防寒性と動きやすい格好であれば良いと思いますので、最低限その2つは満たしたものを贈るようにしましょう。

名入りのオリジナルプレゼントを贈ることもできる

特別感のあるプレゼントを贈りたいという方は、名入れをすることでオリジナルのプレゼントを贈ることができます。

釣り竿、ルアー、リールなども含めて名入れをすることができるので、必要なもののヒアリングがきちんとできていたら、名入れをしてオリジナルのプレゼントにすることで、喜びが増します。

娘からもらった名入れのプレゼントを釣り仲間に自慢するというのも、話の種になり楽しみになりますので、やはり還暦のプレゼントに名入れのプレゼントは素敵です。

一緒にやるということが一番の思い出になる

釣り用品はプレゼントするだけというよりも一緒に釣りをするということが一番の思い出になることが多いです。

還暦を迎えた方は定年退職のタイミングが同じか近いことも多いので、今までより時間ができ趣味にかける時間も増えます。

そのため、一緒に釣りにでかけるということもしやすくなると思いますので、プレゼントをする際は「今度一緒に釣りに連れてって」と提案をしてみるのも良いです。

趣味のことを人に説明するのは楽しいものですし、釣りによって家族のコミュニケーションが更に増すことになります。

一度だけでも一緒に行けば何よりの思い出になりますので、もの以上の思い出を贈ることができます。

世界最大級の品揃え!ナチュラムフィッシング
アウトドア&スポーツ ナチュラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ