還暦祝いで贈る花にはブリザーブドフラワーが人気の理由と注意点

公開日:2014年4月24日
最終更新日: 2014年6月27日

還暦祝いの席ではプレゼントとともにお花を贈ることも多くあります。

お花というと花屋さんで生花を買って花束やブーケにしてもらうというのが一般的ですが、プレゼントするお花として最近人気なのはブリザーブドフラワーです。

ブリザーブドフラワーとは

ブリザーブドフラワーとは生花の花びらや葉に、特殊な液体を染み込ませて水分を抜くことで、見た目は生花そのもののみずみずしさがありながら、生花よりも劣化のスピードが遅くなる技術、およびその技術を利用した花です。

水やりも不要ですので、「見た目は変わらず」、「お手入れが簡単」で「長持ちする」といういいことずくめのフラワーギフトで人気を集めています。

見た目は生花と見劣りすることなく、生花と比べて圧倒的に長持ちする(1,2年)ことから、イベント会場等でよく使用されており、最近ではプレゼントにも利用されます。

「枯れない」ことが実用的にも意味的にも人気の秘密

  • ブリザーブドフラワーが人気の秘密は「枯れない」ということからくる「お手入れの簡単さ」と「メッセージ性」

ブリザーブドフラワーが人気の理由は、生花よりも長持ちし、水をやる必要がないという特性から、お花の保存が楽で長く楽しむことができることです。

また長くもつことから「枯れない」というイメージもあるため、「いつまでも枯れない元気で若々しいお母さんでいてね」など、枯れないでいてほしいというメッセージを込めることができ、長寿のお祝いで贈るのに向いている花であるといえます。

今はネットでも注文できるので、早めに注文しておいても長く持つので、「当日に受け取りにいかなきゃ」という生花特有の気を使わずにすむという利点もあります。

中には名入れをしたり、メッセージを入れたりできるものもあるので、オリジナリティも演出することができます。

贈り方を工夫してより一層の喜びを演出する

お花は贈り方を工夫することで贈られた方の喜びを一層高めることができます。

喜ばれるお花の贈り方は別の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ