還暦プレゼントに寄せ書きを一緒に贈る際のポイントや注意点

公開日:2014年4月27日
最終更新日: 2014年6月30日

還暦祝いの時にプレゼントと一緒に寄せ書きを贈ると、多くの人からのメッセージを伝えることができ、非常に思い出深いものになります。

学校や会社の人に寄せ書きを贈るというのはよりありますが、家族に寄せ書きを贈るというのも少し気恥ずかしい気はします。

それでも実際にプレゼントすると喜ばれますし、思い出に残るプレゼントになりますので、本記事では還暦祝いで寄せ書きを贈る際のポイントや注意点を紹介します。

還暦プレゼントに寄せ書きを一緒に贈る際のポイント

  • なるべく多くの人のメッセージを集める
  • 寄せ書きに写真や似顔絵を入れる
  • 色紙を額に入れたり、少し変わった色紙を使用する

なるべく多くの人のメッセージを集める

寄せ書きをプレゼントに添えて贈る場合、なるべく多くの人のメッセージを集めるようにしましょう。

単純ですが、それが最も喜ばれます。当日出席する人はもちろん、当日出席できなかった人のメッセージもあると、みんなに祝われている感じがして喜びが増します。

寄せ書きに写真や似顔絵を入れる

色紙にメッセージだけでも十分ですが、寄せ書きをさらに工夫をすることで単体でも喜ばれるくらいのプレゼントにすることができます。

写真や似顔絵などを入れることで、文字だけの似顔絵に比べるとぐっとクオリティが上がりますし、盛大にお祝いをしているイメージになります。

メッセージを書く方も写真や似顔絵があった方がイメージがわき、良いコメントを書いてくれることも多いです。

色紙を額に入れたり、少し変わった色紙を使用する

また、色紙も工夫して、変わった色紙や色紙を額に入れたりすると、寄せ書きのプレゼントしての価値が高まりますし、より特別感のあるプレゼントとなります。

最近は変わった色紙もたくさん売られていますので、還暦を迎える方のキャラクターや趣味に合わせた色紙で寄せ書きをすることで、素敵なプレゼントになりますね。

変わった色紙は別の記事で紹介していますので、参考にしていただけますと幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ