還暦のプレゼントに入浴剤を贈る際の注意点やポイント

公開日:2014年4月27日
最終更新日: 2014年6月27日

還暦のお祝いに少し変わったプレゼントを贈りたい場合は、入浴剤というのも良いと思います。

入浴剤というと、「温泉の素」のような年寄りのイメージがあったり、安っぽくてプレゼントに不向きだと思う方もいると思いますが、最新の素敵な入浴剤をプレゼントしたり、他のプレゼントと一緒に贈ることで、一生の思い出となる還暦のプレゼントとしても喜ばれる素敵な贈り物になります。

本記事では還暦のプレゼントに入浴剤を贈る場合のポイントを見ていきましょう。

還暦のプレゼントに入浴剤を贈る際のポイント

  • テーマに沿った入浴剤を選ぶ
  • 入浴剤以外と組み合わせてクオリティを上げる

テーマに沿った入浴剤を選ぶ

入浴剤にはパウダータイプ、固形タイプ、ジェルタイプなど様々なタイプがあります。

ロクシタン ローズ シャワージェル
busjel1

入浴剤の昔からのイメージというとパウダータイプですが、様々な種類の入浴剤を組み合わせることで、ギフト感が増し、喜ばれるプレゼントになります。

ネットで探すと入浴剤を専門として販売しているサイトが多くあります。

そのようなサイトではギフト用に香りや場所のイメージを統一させて、「バラの香りのする入浴剤のギフト」などが用意されていますので、その中から還暦を迎える方のイメージや好きそうな香りをセレクトすることができます。

「いつまでも美しいお母さんの好きなバラの香りを集めてみたよ。これからも若々しく綺麗でいてね」など、メッセージ性を持たせることもできますので、テーマを決めたギフトにすると喜ばれるプレゼントになります。

入浴剤以外と組み合わせてクオリティを上げる

また、入浴剤だけでは寂しいという方は、他のお風呂関連商品と組み合わせることでよりボリュームのあるプレゼントを贈ることができます。

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングシャンプー&コンディシャナー
busjel2

タオルやバスローブ、パジャマなど、お風呂だけでなく、お家でリラックスできるためのプレゼントとすることで、セットで贈るプレゼントの幅も広がります。

入浴剤や関連したアイテムは、一つ一つは手頃な価格ですので、組み合わせることで柔軟に予算に合わせてプレゼントができる点も魅力です。

入浴剤はいつでも使うことができ、たくさんあっても困らないプレゼントですので、素敵な入浴剤を贈ることができれば、外れがなく、どんな方にも喜んでもらえるプレゼントになります。

種類も多く、関連商品と組み合わせると手軽にギフトセットとすることができますのでおすすめのプレゼントであるといえますね。

  • 入浴剤は種類も多く、テーマに沿ったギフトも豊富
  • パジャマなど家でリラックスできるアイテムと組み合わせて贈ることも多い
  • 予算に合わせて柔軟にプレゼントを選ぶことができる
  • 「リラックス」「若々しく」といったメッセージを贈ることもできる

サブコンテンツ

このページの先頭へ