還暦のプレゼントにお酒(ワイン、焼酎、日本酒)を贈るときのポイントや選び方

公開日:2014年4月30日

還暦のプレゼントには趣味に関係したものを贈るという人は多いです。

また、還暦を迎える方の趣味が「お酒を飲む」というのも多いので、還暦のプレゼントとしてお酒を贈るという方は多くいらっしゃいます。

本記事では還暦のプレゼントにお酒を贈る際のポイントや注意点を紹介したいと思います。

還暦のプレゼントにお酒を贈るときのポイント

還暦のプレゼントにお酒を贈る場合のポイントは「特別感」を演出することです。

酒好きの方であれば、お酒は普段から飲んでいるので、一生の一度の還暦のプレゼントに貰っても特別な感じは受けないかもしれません。

ですので、特別感を演出して贈る必要があります。

■お酒を贈る際に特別感を演出する方法

  • 木箱に入れる
  • レアもののお酒を贈る
  • 生まれ年などに関係したお酒を贈る
  • 贈り方を工夫する

人によってどのような贈り物が特別に感じるかは異なりますが、日本酒や焼酎などであれば普段は手が出なかったり、手に入らないようなレアなお酒を探して木箱などに入れて贈ると特別な感じがしますよね。

ビール好きであれば、世界各国のビールがありますので、珍しく美味しいビールをプレゼントするのも良いですね。

また、ワインであれば生まれ年のワインを贈るというのも還暦らしいプレゼントとして人気です。

贈り方も工夫すると、より特別感が演出できます。お花やメッセージカードと一緒に贈ったり、特にかわいがっている孫から贈るなどしても喜びが増すかもしれません。

上記は一例ですが、他にも工夫をして特別感を演出すると、お酒も素敵な還暦のプレゼントに変身して、贈られた人も喜ばれる素敵な贈り物になります。

お酒に関係したものも喜ばれる

お酒そのものは飲むとなくなってしまいますので、お酒そのものではなく、お酒を飲む際に使えるものを贈るというのも人気です。

ビール好きであれば、ビールグラス、焼酎好きであれば焼酎サーバーなどですね。

またお酒のラベルに名入れやメッセージを入れることができるものもあり、飲んだあとも空き瓶を記念品として残すこともできます。

飲んで終わりというものを贈りたくないという方は、これらの使ってもらえるお酒関係のプレゼントを贈るというのも良いですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ