実用的な還暦のプレゼントを贈る際の注意点

公開日:2014年4月28日

還暦のプレゼントに何を贈ろうかと考えた時、やっぱり使ってもらえるプレゼントを贈りたいということで、実用性の高いプレゼントを贈るという方は多いです。

使えない置物のようなものをプレゼントしても、もらった方が困ってしまうということもあるので、実用性の高いプレゼントを贈ることは間違いではありませんが、喜んでもらうという意味では気をつけないといけない点もあります。

本記事では還暦のプレゼントに実用的なものを贈る場合の注意点について紹介したいと思います。

実用的な還暦のプレゼントを贈る際の注意点

■実用的な還暦のプレゼントを贈る際の注意点

  • 還暦を迎える方の性格を考える
  • メッセージを込める
  • 価格が想像できるものは避ける

還暦を迎える方の性格を考える

最も重要なのは「還暦を迎える方の性格を考える」ということです。

プレゼントは贈る方に喜んでもらうことが一番の目的です。

また人によってもらって嬉しいプレゼントというのは異なるので、答えはないのですが、プレゼントを贈る方が実用的なものを望んでいるか、記念や思い出に残るものを望んでいるかを考える必要があります。

記念に残る思い出に残るものが欲しかったのに、実用性の高い消耗品をもらっては、還暦を祝ってもらった喜びも半減ですよね。

口では還暦なんてといっていても、実際には思い出に残るプレゼントを貰って涙していたという話はよく聞きますので、その方の本当の想いを汲み取ってプレゼントを考える必要があります。

その辺りはご家族であればきっと読み取れると思いますので、還暦を迎える方が望んでいるプレゼントを考え、贈るようにしましょう。

メッセージを込める

実用的なプレゼントであるほどメッセージを一緒に贈ることも重要です。

還暦を迎える方が実用性の高いプレゼントを望んでいたとしても、フライパンなどあまりに実用的なプレゼントを贈ると味気なくなってしまうので、実用性の高いプレゼントを贈る時ほどメッセージを込めたり、一緒にメッセージカードを添えたりしましょう。

お祝いの席でプレゼント贈るタイミングは、お祝いの席で最も盛り上がるメインイベントです。

そこで感謝の気持ちを伝えるということも還暦のお祝いの目的・意味と言えますので、メッセージを贈ることでお祝いの感動が増します。

逆にいうと、プレゼントを渡して終わり、プレゼントは実用的な洋服ですみたいなことになると、同席した人たちも拍子抜け感があり、それまでのお祝いの雰囲気に水を指してしまう恐れもありますので注意しましょう。

価格が想像できるものは避ける

また、なるべく価格が容易に想像できるプレゼントは避けるようにしましょう。

人間プレゼントをもらうと、お返しのことなどもあり、心のどこかでいくらくらいのものをもらったか想像してしまうものです。

想像する分には構いませんが、あまりに値段がわかりきったものを贈ると生々しいですし、金額が高くても低くても嫌な気分になる人はいるものです。

そのような変な雰囲気にしないためにも、値段がわかりづらいもの、せめてすぐに連想できないものをチョイスして贈るようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ