囲碁や将棋用品を還暦のプレゼントにする時のポイント

公開日:2014年4月28日
最終更新日: 2014年6月30日

還暦祝いのプレゼントは、贈る人の趣味に合わせたものを贈ることも多いです。

お父さんやおじいさんの趣味が囲碁や将棋という場合は、関連した用品を贈るのも良いです。

新カヤ3寸脚付将棋盤
syougiban3

囲碁や将棋用品を還暦のプレゼントにする時のポイント

囲碁や将棋用品で定番なのはやはり、駒(碁石)や盤です。

囲碁も将棋も基本的にプレイするのに必要になるのは、将棋であれば将棋駒と駒を置く将棋盤です。囲碁であれば碁石と囲碁盤ですね。

おすすめは脚つきの将棋盤や囲碁盤です。テレビで囲碁や将棋を見たことのある人はイメージが湧きやすいでしょう。

足付将棋盤
syougiban1

スペースの問題もあり、囲碁や将棋をする方でも盤は脚つきのものではなく折りたたむタイプのものが多いです。囲碁将棋をする人にとって自宅で脚付きの盤で打つのは憧れでもありますので、持っていない人に贈ると喜ばれるでしょう。

本格的な将棋盤などは10万円を超えるものもザラにありますが、脚付きの盤でも1万円程度から購入することができますので、より好みをしなければプレゼントとして購入することはできるでしょう。

材質によって価格が異なり、最高級の本かや、次に良いとされるアメリカ産のヒバ、最も普及している新かやとあります。

材質によって指し味(駒を置いた時の感触)が異なりますが、素人には理解できないため選ぶ際は慎重になる必要があります。

こだわりが強い場合は一緒に買いにいくのもあり

将棋や囲碁の道具にはこだわりがある場合もあるので、リサーチをしたり、最悪事前に打診をしてもよいでしょう。

わからないという場合は、将棋用品店や囲碁用品店などに一緒に行って買いに行きましょう。

お店で色々解説をしてくれますが、その解説の時間が楽しかったりするものですので、一緒に買いに行くというのも思い出に残ってよいですね。

一番のプレゼントは、子供が将棋や囲碁を覚えて一緒に打てるようになることですので、将棋や囲碁用品をプレゼントしたら勉強して一局交えるのも良いですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ