会って還暦を祝えない時には電報を打って感謝の気持ちを伝える

公開日:2014年4月30日
最終更新日: 2014年6月27日

還暦のお祝いはお食事会などをして、家族みんなでお祝いをするということが多いですが、離れて暮らしていたり、仕事が忙しかったりすると、家族で集まる食事会に出席できないという場合もあります。

そのような場合は電報を打って感謝の気持ちを伝えるという方も多いようです。

電報というと、結婚式などで偉い人が打つというイメージがあり、家族に対して贈るものでないという感覚の方もいますが、最近はキャラ電報やカジュアルな電報が増えており気軽に贈ることのできるメッセージギフト的な位置づけになってきています。

会って還暦を祝えない時には電報を打って感謝の気持ちを伝える

ネットから申し込むことで、簡単に電報を打てますので、当日出席される方に電報という形でメッセージを託し、還暦をお祝いするのも良いと思います。

電報を贈る場合は、当日出席できなかった非礼を詫び、残念に思う気持ちを伝え、これまでの感謝の気持ちなどのメッセージを電報に込めるようにしましょう。

また、電報で終わりということではなく、別の機会に食事などでお祝いをすると良いですね。

お祝いは何度やっても良いものですので、還暦を迎えた方にはまた時間をもらって、改めて盛大にお祝いをする旨を伝えると喜びは2倍、3倍となります。

家族が集まる還暦のお祝いに出席できない場合こそ、家族でも失礼がないようにして、最大限還暦を祝う気持ちを行動で伝えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ