長生きのスーパーセンテナリアンの意味と日本のスーパーセンテナリアン

公開日:2014年5月2日

長寿を表す言葉として、センテナリアン、またはスーパーセンテナリアンという言葉があります。

センテナリアンとは100歳以上生きた人のことで、日本では百寿などとも言われますね。

スーパーセンテナリアンとは、さらに110歳まで生きた人を意味しています。110歳を超えるような方は日本でもほとんどいませんが、もし110歳まで生きたら日本では「珍寿」というお祝いになります。

珍しいという字が入っている通りほとんどいないでしょう。

世界にセンテナリアン、スーパーセンテナリアンはどれくらいいるか?

世界にセンテナリアンは1,000人に1人存在すると言われていて、スーパーセンテナリアンに至っては2010年時点の調査でアメリカ、日本、イギリス、フランス、イタリアにしか存在しないと言われています。

中国では「100年生きた」「150年生きた」という伝説の人物が何人かいますが、確証がないため伝説の域を出ません。

日本でも昔の人は本当は何歳か知らないという人もいますし、時代的に年齢を立証することは難しいでしょう。

出生届が一般化されてから正式にスーパーセンテナリアンと認定できる人が出てきていて、現在は世界で2,500名以上のスーパーセンテナリアンが記録されています。

日本のスーパーセンテナリアン

ギネスに記録されている、日本のスーパーセンテナリアンは以下の人たちです。

■日本のスーパーセンテナリアン(敬称略)

  • 猪飼たね   :116歳
  • 大川ミサヲ  :116歳(2014年時点、存命中)
  • 木村次郎右衛門:116歳
  • 大久保琴   :115歳
  • 長谷川チヨノ :115歳

ギネスに認定されている方だけですので、実際はもっとたくさんいるでしょうし、日本には120歳の「大還暦」まで生きたという記録に残っている人もいます。

このような方たちは大変な長寿ですが、寿命は年々伸びていますし、近い将来私達の身近な人がスーパーセンテナリアンとなる日が来るかもしれません。

110歳というのは大変な長寿で、それだけでも偉大なことですので、スーパーセンテナリアンになった際は盛大にお祝いをしてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ