長生きするかを決める長寿遺伝子スイッチの意味とスイッチの入れ方

公開日:2014年5月2日

長生きは誰でもしたいものですが、長生きするための長寿遺伝子という遺伝子があり、その長寿遺伝子が活発に活動するような人は長生きができるという話があります。

にわかには信じがたい話ですが、長寿遺伝子と呼ばれる遺伝子と長寿遺伝子を活発にする、つまり長寿遺伝子のスイッチをONにすると言われる行動について紹介したいと思います。

長生きするかを決める長寿遺伝子

長寿遺伝子と言われるのは「サーチュイン遺伝子」というもので、老化の原因といわれる細胞の酸化を防ぎ、いつまでも若々しくいられ、結果的に長寿となると言われています。

このサーチュイン遺伝子が活発である人は長生きで、活発でない人は短命であるといわれているのです。

長寿遺伝子はがんの発症率にも影響があるといわれ、長寿遺伝子のスイッチがオンかオフかは長寿に関わる非常に重要な要素だと一部では言われています。

長寿遺伝子は誰もが持っているものですが、眠っている状態の人も多いといわれ、スイッチをオンにすることで長寿遺伝子の効果を十分に得ることができます。

長寿遺伝子のスイッチをオンにする方法

長寿遺伝子のスイッチをオンにするには、以下の方法があると言われています。

  • カロリー摂取量を抑え、「飢餓状態」を作る
  • 運動をする

長寿遺伝子は1日のカロリー摂取量を20%から30%減らすことで目を覚ますと言われています。

飢餓状態をつくることで細胞が目覚めるということらしく、「腹七分」くらいの食事をすることで長寿遺伝子の働きをオンにすることができるようです。

飢餓状態を作ることで若返りの効果があるというのはサルを使った実験では効果があったようで、人間も同じようにカロリー摂取を抑えて飢餓状態を作ることで、老化防止の効果がある可能性があります。

また、運動をするということも長寿遺伝子をオンにするのに有効な手段であるといわれています。

運動をすることで長寿細胞内のエネルギーが消費され、代謝産物で長寿遺伝子がオンにされるとのことです。

別の調査結果では毎日15分の散歩をするだけで死亡率が14%減るとも言われ、運動と長寿の関係を証明しています。

長寿遺伝子を信じるかどうかは自分次第ですが、適度な運動というのは様々な意味で、長寿には有効であると言えそうですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ