還暦祝いの時に贈るべきメッセージの種類とメッセージの極意

公開日:2014年4月23日

還暦祝いの時にはお祝いの席上でメッセージカードや手紙、または直接スピーチという形で還暦を迎える方へメッセージを贈ることが多いです。

メッセージはその時の素直な気持ちを伝えるのが一番ですが、還暦祝いでよく伝えられるメッセージというものもありますので、本記事では還暦祝いの時に贈るべきメッセージの種類について紹介したいと思います。

贈るべきメッセージの種類

還暦祝いで贈るべきメッセージの種類は主に以下になります。

■還暦祝いで贈るべきメッセージの種類

  1. これまでの感謝を伝える
  2. 変わらぬ生活を願う
  3. 今後の健康を願う
  4. 家庭円満を願う

これまでの感謝を伝える

還暦を迎えたのが両親などの場合はこの気持が最も強い方もいると思いますが、感謝の気持ちを伝えます。

「いつも自分の味方でいてくれてありがとう。これからは親孝行をしていきたいのでいつまでも元気でいてね」など感謝の気持ちが大きい人は多いと思いますので、素直にメッセージに想いを込めることで、素敵なメッセージとなります。

変わらぬ生活を願う

還暦を人生の節目として、人生の振り返りはしつつも、老人になるということを嫌がるという人も多いので、これからも変わらないでいてほしいというメッセージを贈ることで、ポジティブな気持ちになることも多いです。

「還暦おめでとう。いつまでも若々しい素敵なお母さんでいてください」など変わらぬ生活と健康などを願ってメッセージを贈ります。

今後の健康を願う

今後の健康を願ってメッセージに込めるということも多いです。

「還暦おめでとう。いつまでも健康で長生きして、もっと好きなゴルフを楽しんでください。」など、還暦を迎えたことで人生の目標を見失うということがないように、長生きを願いつつ、これまで以上に健康に気をつけてほしいという想いをメッセージに込めます。

家庭円満を願う

変わらぬ家庭円満を願うということもメッセージとして多く用いられます。

「還暦おめでとう。これからもお母さんと仲良く楽しい家庭を築いていこうね。」など、家庭の円満をメインに置いたメッセージを贈ることで、夫婦円満や家族が末永く仲良くなれるよう願います。

還暦祝いは家族が集まっている会ですので、家庭の円満を願ったり思い出話などをすることで、家族全員の絆を深め、一生の思い出とすることができます。

メッセージは単体でも組み合わせでも自由に贈る

還暦祝いで贈るべきメッセージを見てきました。

感謝、健康、家庭円満、変わらぬ生活と定番ではありますが、多くの人が抱いているであろう感情だと思います。

今回メッセージの種類として例をいくつか紹介しましたが、メッセージは気持ちを伝えるものですので、その時の気持をメッセージカードやスピーチに素直にぶつけることできっと素敵なメッセージになると思います。

なので、これらのメッセージは単体でないといけないとかルールはなく、単体でも上記メッセージを組み合わせてもよく、自由にメッセージを贈りましょう。

素直で素敵なメッセージを贈ることで素敵な還暦のお祝いとなることを願っております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ