還暦祝いのメッセージを贈る際のマナーと手紙を送る時期

公開日:2014年5月1日

還暦祝いのメッセージを手紙で送る場合、いつ送ればよいか、どんなメッセージを送ればよいのかと、色々悩むことが多いです。

本記事では還暦祝いのメッセージを送る際に知っておきたいマナーや注意点などを紹介したいと思います。

還暦祝いのメッセージを送る時期

まず還暦祝いのメッセージを送る時期です。

還暦のお祝いに食事会などをする場合は、還暦の誕生日迎えてから数日や、還暦を迎えた年のお盆や正月、敬老の日などにお祝いをすることが多いです。

還暦のお祝いにお手紙を送る場合は、誕生日の当日か1週間前程度に着くように送るようにします。

還暦とは満60歳の年のことで、還暦を迎える瞬間はどこかと言われたら満60歳の誕生日を迎えた瞬間だからですね。

還暦祝いのメッセージを贈る際のマナー

還暦祝いのメッセージを手紙で送る際のマナーですが、相手が親しくても身内ではない場合は、他のお祝いの時に送る手紙と同じように文書としてある程度の体裁は必要になります。

とはいえ、還暦のお祝いを述べるとともに、感謝の気持ちを伝えることが第一ですので、がちがちの文章で送っても気持ちが伝わりきらないかもしれません。

ですので、最低限の体裁は整えつつも、本文の部分では多少砕けた表現になっても気持ちを込めた文章でメッセージを伝えましょう。

最低限の体裁として、文書の流れは以下の一般的な手紙の体裁を取れば良いです。

  1. 挨拶
  2. 起こし言葉
  3. お祝いの言葉、思い出等
  4. 結び

具体的な文例については別の記事で紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

相手が誰であっても素直な気持ちを伝えればきっと思いは伝わりますので、素敵なメッセージを送って感謝の気持ちを伝えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ