還暦祝いのメッセージを書くときの注意点や言ってはいけない言葉

公開日:2014年5月1日

還暦祝いでプレゼントなどと一緒に、メッセージを贈ることで一層の喜びを演出することができます。

贈る相手は家族であることが多いので、これまでの感謝の気持ちを素直に伝えることで、十分素敵なメッセージになると思います。

一方で、変なメッセージを贈ってしまうと、かえって相手の気分を害してしまうこともあります。プレゼントのマナーなどと同様に一般常識があるので、反したメッセージを贈ると無知をさらすだけでなく、相手が嫌な気分になります。

そのようなことがないように、本記事では還暦祝いのメッセージを書く際の注意点を紹介したいと思います。

還暦祝いのメッセージを書くときの注意点

還暦祝いのメッセージを書くときの注意点は以下の通りです。

■還暦祝いのメッセージを書くときの注意点

  • 自分の言葉を使って伝える
  • 年寄り扱いをしない
  • 縁起の悪い言葉を含めない

まずは基本的なことですが、自分の言葉を使って伝えることです。お祝いの席ということでよくあるお祝いの言葉を使ったりすると、かえって自分らしさがなくなりメッセージがうまく伝わらないということがよくあります。

還暦のお祝いでも同じですので、たとえ拙くてもメッセージは自分の言葉を使って素直に伝えましょう。

また、文章の中で年寄り扱いをしないということも注意したい点です。

還暦は長寿のお祝いですので、つい長寿にちなんだ話をしそうですが、還暦を迎える方は年寄り扱いされることが嫌な方が多いです。ですので、「いつまでも若々しく」「いつまでも健康に」程度の表現にとどめ、年寄りを連想する言葉は少なくなるようにしましょう。

縁起の悪い言葉を使用しないことも重要です。

プレゼントの時もそうですが、「死」や「苦」など縁起の悪いことを連想させる言葉はメッセージにも入れたらいけません。

縁起の悪い言葉は「死」や「苦」だけでなく、「老ける」「ぼける」「萎える」「散る」「朽ちる」「衰える」「終わる」「痛む」などなど、一般的に縁起が悪そうな言葉は避けるようにしましょう。

明らかに縁起が悪い言葉ばかりですのでチェックすればわかると思います。

メッセージは一度作成したら失礼がないかチェックしよう

還暦祝いのメッセージの注意点を見てきました。

内容的には当たり前のことばかりで、よく見れば気づけるものしかないでしょう。

還暦のお祝いは一生に一度ですので、万が一にも失礼があってはいけません。そのため還暦のお祝いのメッセージは「一度作成したらきちんと見直しをする」ということを徹底して、素敵なメッセージを贈っていただければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ