還暦祝いでお花を贈る際の喜ばれる贈り方と注意点

公開日:2014年4月24日

還暦祝いではお祝いの席でプレゼントと一緒にお花を贈ることも定番です。

特に還暦を迎える方が女性の場合は、お花があるとないとでは喜ばれ方が大きく変わってきます。

お花も贈り方一つで貰った方の喜びが違いますので、本記事ではお花を贈る際に喜ばれる贈り方や注意点について紹介します。

還暦祝いでお花を贈る際の喜ばれる贈り方

■還暦祝いでお花を贈る際の喜ばれる贈り方

  • メッセージと一緒に贈る
  • 相手が好きな花を贈る
  • 花言葉など豆知識も一緒に伝える

メッセージと一緒に贈る

お花を贈るときに喜ばれる贈り方として、「メッセージカードを一緒に添える」という方法があります。

自分がもらう立場になると感じますが、お花だけでももちろん嬉しいですが、それに合わせて家族からメッセージがあったら最高ですよね。

メッセージでは普段伝えられないような感謝の気持ちなどを伝えられるので、特別な思い出にもなります。

どのようなメッセージを伝えたら良いかわからないという方は、以下の記事を参考がなるかもしれません。

相手が好きな花を贈る

還暦を迎える方が好きな花を贈るというのも重要です。

お祝いの花というと、胡蝶蘭が有名です。胡蝶蘭は見た目の華やかさや縁起の良さからお祝いによく贈られ、還暦祝いにもピッタリで多くの方に選ばれています。

ただ、好きなお花は人によって違いますし、思い入れがあるお花がある方も多いので、それとなく聞いておいてお祝いの席でお贈りすると喜びも一潮だと思います。

花言葉など豆知識も一緒に伝える

お花を贈るときにはそのお花の花言葉も一緒にお伝えすると、メッセージ性が高まり喜びが増しますね。

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、もらった時に花言葉を聞くと、本当に幸福が飛んでくるような気持ちになります。

「悲しみ」とか「別れ」とか「ナルシスト」など、ポジティブでない花言葉を持つお花もありますが、そのような場合はもちろん花言葉は伝えずにお花を贈って還暦のお祝いをしましょう。

各季節ごとの花の花言葉はグループサイトの以下の記事が参考になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ