還暦をお祝いする方法と一番重要なこと

公開日:2014年4月19日

自分の親しい人が還暦を迎える場合に、お祝いをしたいと思うのは普通のことですが、還暦のお祝いをするのがはじめてという方はどのようにお祝いすればよいか戸惑う人もいるかと思います。

お祝いの方法は地域や家庭によって異なる場合もありますので、還暦を迎える方以外の年長者の方に聞くのが良いですが、本記事では一般的な還暦のお祝い方法について紹介したいと思います。

還暦をお祝いする方法

■還暦のお祝いの方法

  • お祝いする時期:満60歳を迎える誕生日付近の都合の良い日
  • 集まる人:家族、親戚や親しい知人など様々
  • プレゼント:赤いちゃんちゃんこが定番。
          最近では赤いものや旅行、オリジナルギフトも人気
  • 内祝い・お返し:基本的には不要

あくまで一般的な内容を記載していますので、これが全てではありません。参考程度に見ていただけますと幸いです。

まず、お祝いをする時期ですが、還暦を迎える誕生日付近の都合の良い日に開催するのが一般的です。

還暦祝いの時期については別の記事で紹介していますが、還暦を迎えた年のどこかでお祝いするというのが基本です。

最近では家族全員が集まることが難しい家も多いことから、還暦を迎えた年の正月やお盆等にお祝いをすることも多いようです。

お祝いに集まる人達は基本的には還暦を迎える人の家族や親戚が中心になるでしょう。特に親しい知人などがいれば呼んでもNGということではありません。

このあたりはお祝いしたい人達が集まるということで特にルールはなく、還暦を迎える人の意向が入ることもあるようです。

還暦のお祝いではプレゼントを贈ることも一般的です。

有名なのは赤いちゃんちゃんこで、還暦が人生を一周りしたという意味があることから、「赤ちゃんにかえる」という意味で贈られています。

最近では赤いちゃんちゃんこを贈ると年寄り扱いされているということで嫌がる人も多いので、赤いものをプレゼントしたり、オリジナルな記念品などをプレゼントとして贈る人が多いようです。

還暦祝いでプレゼントを贈った場合、祝ってもらった人がお返しや内祝いを気にされることも多いですが、基本的に還暦祝いではお返しや内祝いは不要と言われています。

一方で還暦祝いのお返しをもらうと長寿にあやかることができて縁起が良いという方もいますので、お返しを頂いた場合はありがたく頂戴しましょう。

還暦祝いの内祝いではお赤飯や紅白まんじゅう、湯のみなどが多く贈られています。

感謝の気持ちや心を込めることが一番重要

還暦のお祝いの方法について見てきました。

見ていただいた方はお分かりかと思いますが、還暦のお祝いには大きな決まり事はなく、地域や家庭に大きく依存することもあります。

また、還暦のお祝い自体、人生でそう何度もあることではありませんので、家庭の中でも特にルールがない場合も多いでしょう。

ですので、常識の範囲内で自由に心を込めてお祝いをすることで、還暦を迎える方もきっと喜んでくれることと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ