還暦祝いに上司へ贈るプレゼントの選び方と注意点

公開日:2014年4月24日
最終更新日: 2015年7月26日

お世話になった上司の方へ還暦のお祝いのプレゼントを贈ることもあります。

その場合にはどのようなプレゼントを贈ればよいかという店で悩まれる方が多いようです。

人生の先輩でもありますし、失礼があってはいけませんので、本記事では上司への還暦プレゼントの選び方と注意点を紹介します。

上司への還暦プレゼントの選び方

上司の方へのプレゼントは趣味にあったものをプレゼントする方が多いようです。

それも一捻りをしたプレゼントをされる方が多く、例えばゴルフが趣味であれば、名入れのゴルフボールやオリジナルのティーなどのプレゼントが人気です。

会社の上司であれば、過去何度も退職や還暦等々のお祝いの場に同席していることが多く、贈り物もたくさん見てきている場合が多いので、その人にあったプレゼントをオリジナリティを出して贈ることでかぶることを避け、特別感を演出することができますね。

プレゼントの際は一緒にお花を贈って、合わせてメッセージカードなどを添えることで、感謝の気持ちを伝えることもできます。

プレゼントの予算が足りない場合は、何人かでお金を出し合うことで、素敵だけど高価なプレゼントも贈ることができるようになります。

上司への還暦プレゼントの注意点

上司へのプレゼントを贈る際に気を付けたいのは、目上の方へのプレゼントとなるので、常識的に失礼とされているプレゼントを贈らないようにすることです。

上司や目上の方へのプレゼントに適さないとされているのは以下のプレゼントです。

■上司や目上の方へのプレゼントすると失礼な物

  • 現金(ギフト券)
  • 履物
  • 時計、かばん
  • 老眼鏡、補聴器
  • お茶
  • 4(死)や9(苦)を連想させるもの

このようなプレゼントは贈ってしまうと単純に失礼になるだけでなく、「こんなことも知らないのか」と常識を疑われますので、まず避けたほうがよいでしょう。

なぜダメなのかなど詳細は別の記事で紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

もちろん気にされない方も多くいますが、常識がある以上、避けたほうが無難であることは間違いないでしょう。

家族と違い、会社の人などはきちんと指摘してくれる人は限られ、静かに評価が下がっていきますので、自分でしっかりチェックしておくのがスマートですね。

還暦と定年退職は同じようなタイミングになり、老後生活のスタートとなる人も多いです。

老後は公的年金だけでは足りないと言われており、厳しい生活となる人もいらっしゃいます。

仮に還暦を迎える方が経済的に豊かでなかったとしても、みんなにお祝いされて精神的に豊かであれば老後の生活を楽しく過ごしてもらうこともできます。

そつなく失敗しないことはもちろん、こんなに自分のことを考えてくれたのかという思いが伝わることでとてもうれしい気持ちになります。

注意点を押さえつつ、心のこもったプレゼントを贈ることでこれまでの感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ