実の母親と義理の母親で異なる還暦祝い事情と注意点

公開日:2014年4月18日

還暦のプレゼントに限らず、贈り物をする時は贈る相手によって気をつける点が結構違うものです。

代表的なのは実の母親にプレゼントをするときと、義理のお母さんに贈り物をするときで、同じ母親ですが気の持ちようが結構違うものです。

本記事では、実の母親と義理の母親にプレゼントをする時の気をつけるポイントについて紹介したいと思います。

実の母親と義理の母親にプレゼントをする時に気をつけることの違い

実の母親と義理の母親でプレゼントをするときの最大の違いは気の持ちようと情報量の違いでしょう。

義理の母親とはいえ、やはり実の母親と比べると気を使うものですし、失礼があってはいけません。

一方で実の母親へのプレゼントは何度もしている人も多く気を使わずに気軽にあげられます。

また、ものの趣味嗜好やデザイン、色の好みを知っているかどうかという情報量の違いも大きいですね。

旦那さんにお母さんの好みを聞いても知らないことが多くあてにならない時もあるので、義理のお母さんの趣味嗜好を正確に捉えるのは難しいものです。

以上のことから実の母親にプレゼントをするときよりも義理の母親にプレゼントをする方が気が重いという方が多いと思われます。

義理の母親の方へのプレゼントの場合はリサーチをしっかりするのがポイントです。旦那さんだけでなく、義理のお父さんやその他の親戚の方などにきちんと趣味嗜好を確認しておくと外れる確率はぐっと低くなります。

また、少し打算的ですが、周りの人にあなたの一生懸命さが伝わり、それが義理のお母さんに伝わるということもあります。プレゼントは実際のものもそうですが、相手がどれだけ自分のことを考えてくれたかというのがうれしいものですので、リサーチは徹底的にやった方がよいでしょう。

一方で、実の母親の場合は向こうも気を使わずに気に入らなければ気に入らないといってくることがあるので、現場でトラブルが多いのは実の母親の方かもしれません。

心を込めて選んだプレゼントを面と向かって駄目だしされることはとても悲しいことですが、そもそも適当に選んでいたことを見透かされるような場合もあるので、実の母親であろうともプレゼントは相手が喜びそうなものをしっかり選ぶ必要があります。

結局のところ、実の母親か義理の母親かという問題よりも、贈る人がどのような趣味嗜好を持っているかを考えて還暦のプレゼントやお祝いの仕方を決めるのがポイントですね。

どちらのお母さんにも喜んでもらえるように(お父さんにも)、心を込めてプレゼントを選んで特別な1日にしてあげましょう。

  • 義理のお母さんへのプレゼントは徹底した趣味嗜好のリサーチが重要
  • 実の母親にもきちんと趣味嗜好にあった喜びそうなプレゼントを考える

サブコンテンツ

このページの先頭へ