両親へ贈る還暦祝いのプレゼント選びのポイントと注意点

公開日:2014年4月24日

自分の両親が還暦を迎えた時は、これまでの感謝の気持ちを込めて、きちんとお祝いをしてあげたいものです。

実際に、還暦のお祝いをする方は、還暦を迎える方の「子供」が最も多く、プレゼントを贈る場合の予算も子から両親へのプレゼントが最も予算が多くなります。

もちろんプレゼントは金額ではなく喜んでもらうことが一番ですので、予算を気にしすぎるのも良くないですが、大事な人へのプレゼントで喜んでもらいたいと思う方は多いと思います。

本記事では両親への還暦プレゼントを贈る際のプレゼント選びのポイントや注意点を紹介したいと思います。

両親への還暦のプレゼント選びのポイント

両親へのプレゼント選びのポイントは、「実用的なもの」、「記念になるもの」と「自分では購入しない」という点です。

■両親へのプレゼント選びのポイント

  • 実用的なもの
  • 記念になるもの
  • 自分では購入しない

実用的なものを贈る

プレゼントといっても使ってもらえなければ意味が無いので、記念品的なプレゼントではありながら実用性のあるプレゼントは喜ばれます。

思い出に残るプレゼントも日々使えると、その度にお祝いされたことを思い出しますからね。

記念になるものを探す

また還暦は一生に一度のお祝いですので、やはり記念になることも重要なポイントです。

「実用的」とは反するような気もしますが、夫婦ペアの湯のみやマグカップなどであれば、記念になり実用性もあるプレゼントになります。

実用性と記念になるものは、どちらを好まれるか贈られる方の趣味嗜好もあり、ご両親の好みを考えたり確認してプレゼント選びの参考にすると良いと思います。

自分ではなかなか購入しないものを選ぶ

また、自分ではなかなか購入しないというのもポイントです。プレゼント選びの基本的なことですが、自分では買わないものをプレゼントされると喜びは大きいものですからね。

「自分でなかなか購入しない」という意味では、夫婦ペアのものを記念に贈るのは人気のようです。

還暦に近い年になると、夫婦お揃いのものを自分たちで買うのは気恥ずかしいものです。一方で、還暦は第二の人生のスタートという意味もあり、これまでの人生を夫婦で振り返ってもらうというのは良いことです。

これまでの様々なことを思い出しながら、お揃いの食器やコップで食事やお酒を飲むということも演出できるので喜んでもらえるでしょう。

両親への還暦のプレゼント選びの注意点

両親へのプレゼントで気を付けたいのは好みにそぐわないプレゼントは渡さないということです。

当たり前ではありますが、プレゼントは好みがあるものです。そぐわないものを贈っては元も子もありません。

家族ということもあり、気に入らない時は文句や注文をつけられたという方もいます。

なんでも言い合えるのはいいことのようでもありますが、そのような事になっては今後の家族の絆にも影響が出かねませんので、好みには十分配慮して、不安ならどのようなものが良いか聞いてしまうくらいの慎重さがあっても良いかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ