お世話になっている上司や恩師の還暦祝いのプレゼントのポイントと注意点

公開日:2014年5月1日

家族だけでなく、お世話になった上司など会社関係の人の還暦のお祝いをすることもありますね。

また、学生時代の恩師と呼べる人が還暦になったお祝いを生徒達でお祝いするということもあります。

気心の知れた仲間で集まることが多いですが、家族とは違うのでどのようなお祝いの品を贈ればよいか悩む人も多いと思いますので、お世話になった方への還暦の祝い方を紹介したいと思います。

お世話になった方への還暦祝いの方法

お世話になった方への還暦祝いは、一生に一度の思い出になりますので、思い出を振り返り、記念に残るプレゼントが最も喜ばれます。

メッセージギフトは似顔絵や写真などとともに、思い出や人柄を表すメッセージや詩などを書いて贈るギフトですが、インパクトがあり、思い出を振り返るにはぴったりで、記念にもなるので還暦のプレゼントに最適です。

また、趣味のものも還暦のプレゼントとして贈ると喜ばれます。

ゴルフ用品や釣り用品、囲碁将棋用品など、様々な趣味に対応した贈り物がありますので、使ってもらえるプレゼントを贈ることができます。

名入れをすることができるプレゼントも多いので、特別感のあるプレゼントを贈ることもできます。

プレゼントの予算はあまり高額だと逆に気を使わせてしまいますので、5千円から1万円程度というのが相場のようですが、相場はあってないようなものですので、その方との関係を考えて検討しましょう。

一人の予算は少なくても、複数人でお金を出し合って購入する場合も多いので、良い物をみんなから贈るというのも良いと思います。

お世話になっている方の還暦祝いを選ぶ際の注意点

プレゼント選びで気を付けないといけない点は、失礼なプレゼントを贈らないことでしょう。

プレゼントにはその意味合いから、目上の方に贈ると失礼とされるプレゼントがあります。

「踏みつける」という意味になってしまう履物や、「これからも励むように」という意味になるかばんや靴などですね。

目上の方に失礼とされるプレゼントは別記事にまとめていますので、参考にしてください。

プレゼントはお祝いしたい気持ちが一番ですが、失礼とされるプレゼントがある以上、気分を害されることもありますし、無知と非常識な人だと思われる可能性もあります。

このようなプレゼントは避けるのが賢明ですので、チェックしておきましょう。

お祝いの席に欠席する際には贈り物を自宅にお送りする

お祝いの会などがなく、贈り物だけをする場合は、お祝いの品を還暦の誕生日付近に届くように贈ります。

お店で対応してくれますが、贈り物につけるのし紙や水引きにはマナーがありますので、把握しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ