還暦祝いをする時期に良い日と開催時期で注意すべき点

公開日:2014年4月19日

還暦祝いといえば60歳というのは有名です。

還暦のお祝いは60歳の年であればいつでもお祝いしてよいものですが、いつお祝いするのが一番よいのか意外に迷ってしまいます。

ということで、本記事では還暦祝いをする時期と注意点について見ていきたいと思います。

還暦祝いをする時期

  • 還暦のお祝いは満60歳の誕生日付近の都合の良い日に行われることが多い

上述した通り、還暦祝いをするのは満60歳を迎えた年です。

満60歳を迎えた日から1年間(次の誕生日まで)を還暦ということになるので、1年間の間であればどの日に祝わなければいけないということはありません。

ただ、還暦を迎える日は満60歳の誕生日ということになりますので、多くの人が満60歳の誕生日付近に誕生会と合わせて還暦のお祝いをしているようです。

たくさんの人を呼んで盛大に行う場合は、日程の調整が大変ですので、みなさんの都合の良い日に設定をする必要があります。

その場合は誕生日と多少ずれる場合もあると思いますが、そこはみんなでお祝いしたいからということで理解してもらい、都合の良い日をお祝いの日にするようにしましょう。

還暦祝いをする時期の注意点

還暦祝いをする時期の注意点としては、還暦は数え歳では61歳となるということです。

還暦祝いは満60歳になる年に行うもので、これは数え歳では61歳の年になります。

昔の人で年齢を数え歳でいう人はまだ多くいます。

数え歳で年齢をずっと聞いていて数え歳で60歳、つまり満59歳の時にお祝いをしてしまったなんてことになると、翌年もう一度お祝いをしないといけませんし、何より失礼ですのできちんと確認をするようにしましょう。

確認の仕方としては生まれた年を聞くのが最も安心です。2014年であれば1954年(昭和29年)生まれの人が還暦ということになります。

人によっては開催の時期を気にする方もいらっしゃいますので、「なんで今?」といういちゃもんをつけられることがないように無難な開催日を選びたいものですね。

  • 還暦は60歳を迎える誕生日付近に行われることが多く一般的
  • 還暦は数え歳では61歳の時になるので、お祝い対象の人の年齢はきちんと確認

サブコンテンツ

このページの先頭へ