還暦祝いにアクセサリーを贈る意味と欲しがる人の理由

公開日:2014年4月21日

還暦のお祝いにアクセサリーを贈るという方も多くいらっしゃいます。

還暦のお祝いに限らず、プレゼントには実用性の高いものを贈るか、自分では買わない特別感のあるものを贈るかの大きく2つの方向性があります。

アクセサリーは後者の特別感の象徴なのかもしれません。

還暦のお祝いにアクセサリーを欲しがる理由

還暦のお祝いにアクセサリーを欲しがる人は結構います。管理人の母も還暦の時にはアクセサリーを欲しがっていたので、ルビーのペンダントを贈りました。

アクセサリーを欲しがる人は還暦といってもまだまだ若いという方が多く、女性であれば美しくありたいという思いがあるのでしょう。

また、年齢的にもアクセサリーをプレゼントされるということも少なくなっているので、特別感のあるプレゼントを人生の節目ではほしいという思いがあるのではないでしょうか。

体験談に近く恐縮ですが、多くの還暦祝いにアクセサリーをほしいと考える人も同じような思いの方が多いのではないかと推察します。

還暦のお祝いにアクセサリーを贈る意味

還暦のお祝いにアクセサリーを欲しがる気持ちは上述した通りですが、そのような方には還暦のお祝いにアクセサリーを贈ることで、まだまだ若々しくいてほしいというメッセージを伝えることができます。

ほしいものを贈るという意味もありますが、そのようなメッセージを込めることで、還暦のお祝いを年寄り扱いしているわけではなく、人生の特別な日のお祝いとして祝うことができます。

上品な赤いアイテムは最近の還暦プレゼントのトレンドでもありますので、ピッタリですね。

赤い宝石にはルビー、ガーネット、珊瑚などがあります。アクセサリーにはペンダント、ブローチ、イヤリング、ネックレス、指輪と種類も色々ありますので、予算や好みに合わせて選択するとよいでしょう。

高額になることも多いですが、他の出席者とお金を出し合って買えば数万円であっても一人の負担は少なくすみますし、それぞれが手頃なプレゼントを持ち寄るよりも喜ばれることも多いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ