還暦でお祝いをするのは早過ぎると言われる理由と最近の還暦祝い

公開日:2014年4月19日

最近、還暦でお祝いをするには早すぎるという方がいらっしゃいます。

お祝いごとなので、やれるものはやった方が良いと個人的には思いますが、還暦祝いが早いという方にも理由があります。

本記事では還暦でお祝いをするのは早過ぎると言われる理由を見ていきたいと思います。

還暦でお祝いをするのは早過ぎると言われる理由

還暦でお祝いをするのが早すぎると言われる理由は、寿命が長くなった現代、特に長寿世界一の日本では還暦を迎える60歳というのはまだまだ若い年齢だからです。

還暦は長寿のお祝いですので、一昔前では還暦を迎えるとその人は老人となって余生を楽しむという印象があり、人生の大きな区切りといえました。

しかし、現代で60歳といえばまだまだ現役の人も多く、また第二の人生も好奇心旺盛に活動している人もいるので、もう隠居という人は少ないでしょう。

客観的に見てもそのようなばりばりの方は、自分ではもっと「自分はまだ現役だ!」と思っています。

そのためどうしても老人というイメージのある還暦のお祝いを嫌がる人というのが増えているのでしょう。

時代とともに変わる長寿のお祝い

そもそも還暦のお祝いという習慣は室町時代に中国から伝わり始まったといいます。

室町時代頃には「人生50年」と歌に読まれることもあったくらいで、人の寿命は50年くらいであったと言われています。

その時代において60歳まで生きたということであれば間違いなく長寿といえるでしょう。室町時代の60歳は平均寿命+10歳ですので、今で言うと80歳の平均寿命に対して90歳くらいの感覚であったと思われます。

室町時代以前では奈良時代頃から40歳を長寿としてお祝いしていたようですので、時代とともに長寿のお祝いというのは移り変わっているといえます。

このように考えると、還暦祝いが最近では早過ぎると言われる理由がわからなくはありません。

還暦は長寿でなく、一つの区切りとして楽しくお祝い

とはいえ、還暦のお祝いは日本に長く根付いた文化でもありますし、お祝いは何度やっても良いものですので、還暦のお祝いをしなくてよいということではないと思います。

長寿のお祝いから人生の一つの区切りとして捉え方を変えると楽しくお祝いをすることができるようになります。

実際に最近の還暦祝いは長寿のお祝いという形ではなく、60歳という区切りを楽しくお祝いするという方が増えているようです。

還暦のお祝いを嫌がる人でも、「みんなが集まるための理由になるし、60歳という誕生日のお祝いを盛大にやるんだよ」という趣旨を伝えることで、自分が年寄り扱いされているわけではないと理解することができます。

お祝いの主役になって気分の悪い方はいませんので、実際にお祝いをすればきっと感謝されることでしょう。

時代によって還暦の位置づけも変わってきていますが、いつの時代も変わらないのは還暦を迎える人への感謝の気持ちですので、その人にあった形でお祝いをしてあげることで日頃の感謝の気持ちを伝えたいですね。

還暦のお祝いのプレゼントも伝統の赤いちゃんちゃんこを嫌がる人もいるので、感謝の気持ちを伝えるオリジナルなプレゼントが人気です。

  • 還暦祝いが早過ぎると言われる理由は寿命も延びて60歳の人たちが元気だから
  • 最近では長寿のお祝いではなく、楽しくお祝いをする人が増えている

サブコンテンツ

このページの先頭へ