赤ちゃんと還暦祝いの意外な関係

公開日:2014年4月21日

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを贈るのが有名ですが、赤いちゃんちゃんこを贈る理由に赤ちゃんが関係しているのはご存知でしょうか。

赤いちゃんちゃんこと赤ちゃんは響きが似ていますが、実はダイレクトに関係しています。

本記事ではそんな赤ちゃんと還暦祝いの意外な関係について紹介したいと思います。

赤ちゃんと還暦祝いの意外な関係

赤いちゃんちゃんこと赤ちゃんの関係を知るには、還暦の意味や由来を紐解いていく必要があります。

還暦は元々、「十干十二支(じっかんじゅうにし)」という60周期の干支が1周したことを意味しています。1周したということで、「暦(こよみ)が還える」という意味で「還暦」なのですね。

そのような意味で60年が経つと人生が一回りしたという意味で、60歳の時に還暦のお祝いをする習慣が根付きました。

還暦は干支が1周するという意味なので、60歳の時に干支は生まれた年の干支に戻ることになります。そのため、生まれた年にかえる=赤ちゃんに戻るということで、赤ちゃんと語呂が似ている赤いちゃんちゃんこを贈るという習慣が根付きました。

だじゃれではありますが、昔の人はこのような語呂から、お祝いの時期やお祝いの品物を決めていることはよくありますので、納得ですね。

つまり還暦とは赤ちゃんに還えるという意味なのです。

そのため、第二の人生が始まるという意味や人生の一つの区切りとしてお祝いがされるのですね。

赤の意味

一方で、赤いものを贈るのは魔除けの意味合いもあります。

還暦の60歳というのは厄年にも当たる年ですので、厄祓いをする必要があります。

赤という色は元々魔除けの意味合いがある色ですので、厄年の厄をおとすという意味で赤いものが還暦祝いに贈られていたという背景もあります。

神社の鳥居やだるまやあかべこなど日本の縁起が良いとされるものはたいてい赤いのもこのような理由から来ています。

還暦の由来でもある「赤ちゃんにかえる」という意味と、「魔除けの赤」を意味しているため、赤いちゃんちゃんこは還暦祝いのお祝いの品として深く根付いています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ