還暦祝いで赤いちゃんちゃんこがあまり贈られない理由

公開日:2014年4月18日

還暦祝いといえば赤いちゃんちゃんこを贈って、それを着て家族全員で記念撮影をするというイメージが強いですが、実は最近では還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを贈るというのは少数派です。

これだけ強いイメージが定着しているのになぜ赤いちゃんちゃんこはあまり贈られないのでしょうか。

本記事では還暦祝いで赤いちゃんちゃんこが贈られない理由を見てみたいと思います。

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこがあまり贈られない理由

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこがあまり贈られないのは以下の理由があります。

■赤いちゃんちゃんこがあまり贈られない理由

  1. 老人に贈られるものというイメージが強い
  2. 実用性がない

やはり一番大きいのは還暦といえば赤いちゃんちゃんこというイメージが強すぎて、長寿のお祝いのイメージから「赤いちゃんちゃんこイコール老人に贈るもの」という印象を嫌う人が多いからでしょう。

平均寿命が80歳を超える日本人にとって、還暦を迎える60歳はまだまだ現役世代で長寿祝いという感じではない方も多いです。

むしろ還暦祝いで長寿祝いという雰囲気をあまりに出されると、年寄り扱いされたとして嫌がる人が多いでしょう。

その年寄り扱いの象徴として、赤いちゃんちゃんこが頭の中にあり、60歳が近づいた人が冗談で、「私が還暦になっても赤いちゃんちゃんこだけはやめて」なんて言ってるのを聞いたことがある人も多いでしょう。

このように還暦を迎える人が年寄り扱いをされるのを嫌うため、贈る側も赤いちゃんちゃんこは敬遠しがちというのが赤いちゃんちゃんこが贈り物とされない大きな理由の一つです。

また、実用性が低いというのも贈り物として選ばれない理由の一つでしょう。

上述した通り、日本で60歳といえばまだまだ現役世代です。おしゃれも楽しみたいという中で、赤いちゃんちゃんこというのは抵抗がある人が多いのでしょう。

最近人気のプレゼントは?

それでは最近はどのようなプレゼントが人気なのでしょうか?

最近人気のプレゼントは赤をポイントにしつつも実用性の高い趣味に関するプレゼントや、アクセサリーや洋服などです。

元々還暦祝いで赤いちゃんちゃんこが贈られるようになったのは、赤が魔除けの意味があることから、厄年にも当たる還暦で悪い気を取り払うという意味で赤いものをプレゼントするようになったのが理由の一つです。

そのため、赤いプレゼントをするということは還暦のお祝いにあっていますので、赤をポイントにしたプレゼントがよく選ばれています。

その他にも赤ということは気にせず、楽しく人生を振り返るという意味でその方の人柄を表すようなオリジナリティの高いプレゼントも特別感があり人気のようです。

  • 日本の60歳はまだまだ若く、赤いちゃんちゃんこには抵抗がある人が多い
  • 最近では赤をポイントにしたギフトや特別感があって人柄を表したプレゼントが人気

サブコンテンツ

このページの先頭へ