赤いちゃんちゃんこは一生に一度なので、後から着たかったでは遅い

公開日:2014年4月21日

還暦祝いというと、贈り物として有名なのは赤いちゃんちゃんこですが、最近では60歳はまだまだ元気な方が多く、年寄りのイメージの強い赤いちゃんちゃんこを嫌がる方も多くいらっしゃいます。

そのような意向を受けて、最近では赤いちゃんちゃんこを贈るというのは少数派になっています。

しかし、安易に赤いちゃんちゃんこを贈らないという選択をするのも少しもったいないことです。

還暦のお祝いは人生に一度きりですので、赤いちゃんちゃんこをお祝いで着る機会も人生に一度きりです。

成人式に晴れ着を着ないで、また卒業式に出席しないで後悔する人がいるように、その時には大事に思えなくてもあとから振り返るとやっておけばよかったと思うことはしばしばあります。

70歳、80歳になってあとから「赤いちゃんちゃんこを着たかったな」と思っても遅いのです。

赤いちゃんちゃんこを贈って記念撮影をするというのは、記憶にも記録にも残る素敵な思い出になります。

その場では嫌がっていても、あとから良い思い出だったと感じる方もいらっしゃいますので、口では嫌がっている方にも赤いちゃんちゃんこを贈るというのは決して悪いことではありません。

とはいえ、本当に気分を害される方もいますので、そのような方に贈ってもせっかくのお祝いが変な空気になってしまいます。

家族であれば、実際に用意したら喜んでくれる人か、怒りだしてしまうかというのはある程度わかると思いますので、一生に一度の記念ですので、赤いちゃんちゃんこを贈るかどうかは慎重に検討する必要があります。

  • 赤いちゃんちゃんこは一生に一度なので、後から着たかったでは遅い
  • 還暦のお祝いにどのようなものを贈るかは慎重に検討する

サブコンテンツ

このページの先頭へ